2016年5月3日火曜日

艦これアーケード 無制限台の効率試算

艦これアーケードのカード買い取り相場も落ち着いてきたので、無制限台をとれた場合の日給試算をしてみます。

前提



  • 10:00開店01:00閉店として、15時間の営業時間。

  • 900GP制限 建造1回

  • 提督レベル12以上

  • 3-4解放済

  • 建造レシピは戦艦 400/ 30 / 600/ 30


300GP投入で建造しまくるパターンで試算


100円投入⇒300GP⇒建造を繰り返すパターン。資源が死ぬやつ。

300GP = 150 /150 / 150 / 75 で試算。まず時間の制約から。

1プレイ3分(読み取り、建造、終了まで超高速で回す)

15時間(900分)÷ 3分 = 300回

次に、必要資源の計算。最大の鉄鋼600を基準にすると、

600 x 300 = 180,000 (必要量)

ログインボーナス加味 180,000 - (300回 x 100ボーナス) = 150,000

150,000をGP換算して金額を出す。

150,000 x 2 = 300,000GPが必要

300,000 GP ÷ 300GP/1回 x 100円 = 100,000円

ここまでをまとめると、時間の制約上、回すは300回。資源補充のためのGP購入にかかる金額は10万円。という感覚。

 

ここから、排出率を体感値から勝手に設定して試算していきます。人によって体感値が異なるので、あくまで参考に。

秘書官を戦艦として、戦艦排出が20%程度とすると、

300 x 20% = 60枚 が戦艦。

うち、1%がホロとすると、 3枚ホロ。

めんどうなので、この時点でざっくり買い取り金額試算。

戦艦は金剛、榛名で2,000円買い取り、長門、陸奥が7,000円界隈。そのほかは1,000円といった相場。

ほとんど霧島という方が多いと思うので、排出はほとんど霧島、10枚ずつ金剛、春名で、1枚ずつ長門、陸奥が1枚ずつとすると、

38枚 霧島 1,000円 x 38 = 38,000円
20枚 金剛 2,000円 x 20 = 40,000円
2枚  長門 7,000円 x 2 = 14,000円

戦艦合計金額 92,000円

あとの240枚は、ざっくりと 200枚が最低買取価格10円、40枚が珠玉混同で平均買い取り価格800円とすると、

200 x 10円 =2,000円
40 x 800円 = 32,000円

そのほかノーマル計 34,000円。

300枚合計で126,000円にはなりそう。

で、プレイに必要な金額が
300回 x 100円 = 30,0000円
建造に必要な金額が = 300 回 x 100円 = 30,000円
GP補充に必要な追加投入が、はじめの方にした資産から100,000円。

建造300枚合計で160,000円の費用がかかります。

 

上記の排出率だと、買い取り126,000円 ― 建造費用160,000円 = 赤字 34,000円 となります。

中破ホロなどを加味していない買い取り金額にしているので、買い取りが上振れ余地がありますが、それでも34,000円をカバーしないといけません。
34,000円だと、中破ホロ戦艦 x 2 は必要そうな金額。300枚やればでるかもしれませんが、それでもトントン。

つまり、日給資産すると、赤字34,000円、ラッキーならトントン。しかも1日の拘束時間が15時間。15時間働いて、利益0円。
中破ホロが3枚でてくると、やっと1万円利益がでるかも、くらい。パチンコ並みのギャンブルエンタメ設計。なんだか美しく感じる。

 

結論:儲からない


1日無制限やっても儲からなないです。という試算ができました。運のよい方は、買い取り価格が上振れて1日の利益が3万円程度まではいくかもしれません。

が、拘束時間15時間と考えると、超絶運が良くて時給2,000円。

普通に並んでプレイして、1日2プレイくらい、カードは相場が下がった時に買うスタイルが健全でよさそうだなーと思いました。

 

追記


※ここまで計算して、必要GPの関係で、はじめに300円投入⇒900GP + 450 / 450 / 450 /225 で遊んだ回した方が効率がよさそうだなーと思った。

その場合は費用がプレイ料金(300円 x 300回) + 製造代(100円 x 300回) = 12万円。時間経過でもらえる資源とかで何とか300回できそうな感覚値。

戦艦排出20%の試算なら、ホロ中破がなくてもトントンに届きそうな感覚。でも、300枚も排出したら、市場在庫が満たされるのが早まって、買い取り価格下落して結局赤字になりそう。

このあたりのトントンに着地させる金額設定、買い取り業者が価格調整しているのか、ゲーム開発側がデザインしているのか、あるいは両方の組み合わせに神の手が下るのか、すごい美しい感じがします。

2016年5月2日月曜日

艦これアーケード カード相場

艦これアーケードの稼働から1週間。

初回の土日明けはカードの供給がたくさんあったようで、相場もこなれてきました。

本日時点では、ノーマルカード最低買い取り10円が維持されていますが、解除されるのは時間の問題な気がしてきました。

 

さて、そんな中、本編もある程度進んだので、主力艦隊以外のカードを売りに出すことにしました。

 

all

売りに出したカードの一部


kitakami-horo

北上 ホロ 1,500円買取でした。


hibiki


響はコレクターがいるとのことで、1枚300円と高額買い取りでした。3枚あったので計900円。


keijun


川内だけ高い。300円。あとは10-20円。


murasameholo


激安の村雨ホロ。800円くらいだったか。


shuryoku千歳は120円程度、鳳翔は350円程度、あとは20円とか。


shuryoku2


重巡は、戦艦レシピの残骸で量産されているので10~20円に落ちている。
でも、初回バージョンの3ステージをクリアするには重巡でいいので、序盤に楽したいなら重巡の購入がおすすめ。


名称未設定-1


雷は初期カードで量産が聞くのでまさかの10円。。。


計36枚を売って、3,770円のバック。印刷代が回収できた程度で終わりました。

「艦これアーケード」序盤の攻略

艦これアーケードが稼働して1週間。

これから新規で始める場合、ネットで過剰に建造やカード購入を煽るようなコメントが多いので、はじめのうちに強いカードを買うかどうか迷っている人が多いと思います。

結論、まったく中古で買う必要はありませんでした。普通にゲーム進行していれば手に入るカードで序盤は攻略できました。

8,000~9,000GP程度回して、3-1クリアまで行ったのでその時のデッキなどを書いていこうと思います。

 

1-4 南西諸島防衛線(南1号作戦)


敵に空母がいるからと言って、こちらに空母が必要なわけではありません。

舵取り、船速、陣営の操作ができれば、軽巡~駆逐艦だけの編成でもクリア可能でした。

敵の空母の攻撃をよけるには、以下の3つがポイントです。

  1. 開幕、陣営を複縦陣に。

  2. 常に最大船速(機関一杯)。

  3. 敵の空母の攻撃を察知したら、一直線に最大船速で抜ける(舵をすこしでも切ると最後尾の艦が被弾)


上記で空母の攻撃がすべて簡単によけれるので、あとは手法と雷撃でじわじわ削り、夜戦でとどめを刺します。

あとは、開発で14cm単装砲をたくさんつくり、軽巡に装備させまくると敵がゴリゴリ撃沈できます。

(秘書官を軽巡にして、10/100/10/10とかで出てきます。)

 

2-1「カムラン半島(カ号迎撃戦)」


マップで敵偵察部隊に見つかると、航空攻撃をされるのが厄介なマップ。

重巡が1隻手に入るまで、撤退をくりかえしました。(1,2回)

重巡が手に入れば、偵察機を装備しているので、偵察を飛ばして敵の偵察をよける航路をとっていきます。

極力敵艦隊との会敵も避け、主力艦隊だけに集中すると、会敵2回程度で主力艦隊にたどり着けます。

主力艦隊にたどり着いたら、陣形:複縦陣、最大船速、直進(T字有利は狙う)で勝てました。

この時の編成は重巡1、軽巡4、駆逐艦1でした。

 

2-1がクリアできれば、同じ理屈で2-3まではクリアできます。

 

2-4「沖ノ島海域(あ号艦隊決戦)」


ここまで、敵の偵察と航空攻撃を避けられれば、ほぼすべての攻撃を理論上は回避できるようになっているはずです。

それでも2-4がクリアできない場合、きっと火力不足で作戦時間切れになっているのだと思います。

だからと言って戦艦は必要ありません。

重巡4 軽巡1 軽空母1でクリアできました。

重巡にはとにかく14cm単装砲もしくは15.5cm三連装砲をつみ、火力をひたすらあげます。

また、2-4に来るまでに重巡が2隻以上ダブっていれば、戦艦にもダメージが通るような火力になります。重巡は主砲1~2回の5艦一斉攻撃で撃沈できます。

 

2-4がクリアできると、3-1は比較的簡単なので、2-4と同じ編成でクリアできます。(敵の探索に見つかりやすいマップになっている点だけ注意)

 

まとめ:戦艦・正規空母はいらない


3-1まで来て、ようやく重巡が6隻そろったような状態。戦艦も正規空母も持っていません。

それでも3-1までクリアできたのは、おそらく艦これアーケードは「避ける」ことがプレイヤースキルでカバーできるからです。

艦これブラウザ版はひたすら攻撃を受けてしまう状態でしたが、アーケード版は避けられます。避けることが重要。

 

避け方を覚えると、敵戦艦と敵空母の攻撃はほぼ当たらなくなります。
なので、序盤のうちはよけ方を徹底練習するのが良いと思います。

一方で、序盤から戦艦・正規空母を入れると、当たってもいたくないので避けるのをサボるようになってしまいます。
戦艦、正規空母は、補充もコストがかかるので、GPの浪費にもつながる。

早い段階から戦艦、正規空母を使っても、避けるプレイヤースキルが上がらないので、あんまりお勧めしません!