2015年10月28日水曜日

日光東照宮でみつけた穴場な駐車場

日曜日に日光東照宮に行ったら、紅葉の季節だからか、観光地だからか、ものすごく混んでいました。

車で行くと駐車場もなかなか空かず、駐車場待ちの渋滞が延々と続きます。

そんな中、あまりに混んでいて駐車場に入れなさそうなときに使えそうな駐車場を見つけたので紹介します。

地図上の場所


日光東照宮地図だとわかりにくいですが、この西のほうに日光東照宮があります。

目印


日梱東照宮に向かう途中に、消防署の看板があるので、そこで右折して侵入していきます。看板の手前には、紅葉のきれいな休憩所とお手洗いがあります。

日光東照宮 駐車場
日光東照宮

駐車場


看板で右折して、まっすぐいくと次のような看板があります。そこが駐車場になります。

2015-10-25 13.31.33[1]料金は、日光東照宮の駐車場より100円安い500円/1日。
2015-10-25 13.31.11[1]
無人の駐車場なので、お金は備え付けの料金箱に入れます。
2015-10-25 13.30.48[1]

この駐車場に車を駐めて、日光東照宮まであるくと、だいたい10分程度はかかると思います。ただ、途中に食事処や、名物の湯葉づつみが売っているお店が多くあり、歩いていて楽しい通りになっています。ただ、10月後半だと少し寒いので、上着があるといいかもしれません。

また、道中には数々のメディアに取り上げられた有名店「食堂 すずき」があります。イタリアンを提供しているのですが、豚丼などの和食もあります。名物の湯葉がつくランチメニューがあり、お昼はここで食べると名物もおいしいものも食べられて一石二鳥でした。デザートのフレンチトーストやティラミスもおいしかったです。

2015-10-25 14.52.14[1]
食堂すずき
2015-10-25 14.52.09[1]

食堂すずきは混みやすいようで、場合によっては入るのに並ぶかもしれません。

 

というわけで、日光東照宮に行く際は、すこし遠めの駐車場に車を駐めて、歩いてもなかなか楽しくておいしい場所があります、というご紹介でした。

 

2015年10月12日月曜日

「図書館戦争」のロケ地を散歩してみた

映画ネタが続く。。。

10/10(土)公開「図書館戦争 The Last Mission」を見てきました。エキストラで参加していたので思い入れが深く、RightOnの限定コラボパーカーを買ってしまいました。

そして、たまたま近くに行く機会があったので、10/5(月)に放送された「図書館戦争 Book of Memories」のロケ地にも散歩にいってしまいました。

コラボパーカー





ロケ地散歩


「Book of Memories」で、笠原の両親が出てきたところのシーンで使われたお蕎麦屋さんと、歩いてた道。詳しい場所の紹介は他のサイトに任せます~。

※お店には撮影の許可をいただいています。

なんと、運がよいことにドラマと同じ席に座れました。空いているところが堂上(岡田くん)が座っていた席。






普通にお蕎麦がおいしかった。おすすめメニューの9割そば+天ぷら。そば湯がうまー。



甘いものも。




お店を出て、堂上と笠原が歩いていたところ。緑が多くて気持ち良い。




こじつけ感想


まあ、ゲームと全然関係がない記事でした。無理やり関係づけるとすれば、木々の緑がすごくて、この環境をCGで再現するの大変だな、こういうゲームは作れないな、と思いながら写真撮ってました。Speedtreeとかでは、こういう細かい苔の生えた木とか描写できなさそう。

参考:Speedtree(http://www.speedtree.com/)

Avatarなどハリウッド映画の木の描写でも使われているから、将来的にはできそうだけど、苔とかの細かさには弱そう。


「蒼き鋼のアルペジオ Cadenza」を見てきた

10月3日(土)より公開の「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ Cadenza」を見てきました!

サインポスター


新宿バルト9で見てきたのですが、入り口に関係者のサインがずらっと書かれたポスターがありました!


来場特典のミニ色紙


来場特典でミニ色紙がもらえたのですが、後で調べたところ、1週間で3種類がランダムで配布されて、これが3週間の入れ替わりで配布されるらしい。3週間で計9種類。集めたい・・・・



特別展示


同じビルの6Fにて公開記念で特別展示も出ており、戦艦のプラモデルが展示されていました。高難易度のプラモデルらしく、ただモデルを買って組み立てて塗っただけでは写真のような出来栄えにはならなそう・・・。展示のモデルはホビージャパン監修の作品でした。



感想


CGを主体にしたアニメ技術が浸透してきて、映画にも耐えうる技術レベルになってきているのはすごいと思う。

「Final Fantasy」や「キャプテンハーロック」、「サイボーグ009」のようなCGに振り切ったものは細かい部分もCGで作りこむ必要があって手間とコストが半端なさそうだった。

セルルック3DCGだと、手書きで表現できる部分があって一定レベルにコストが抑えられそう。

セルルックといえば、ゲーム業界でいえばBoarderlands(2009年)で一気に注目を浴びた気がする。トゥーンシェーダとその時は呼んでいて、「アニメっぽい画質なんかで売れるはずがない。CGはリアルでなければならない」という思想に一石を投じたんだけれど、映画的表現が主流で制作工程も映画的方法にロックされてしまっていたから、他の会社はなかなかシフトチェンジできなかった。今、国内でトゥーンシェーダ系でうまくいっているのは、大型ゲームだと「ドラゴンクエスト」くらいだけではなかろうか。あ、バンダイナムコのゲームはほとんどトゥーンシェーダか。

アニメだと「シドニアの騎士」も大成功だったし、CG界隈はセルルック/トゥーンシェーダーがどんどん流行しそうだなー。

これでアニメ調のCG表現が流行ってくれば、ゲームでもリアルCGからアニメ調にシフトしていくのだろうなー。

そうすれば、グラフィックに過度にコスト割かなくてよくなるから、遊びにもっとコストを割いたゲームがうまれるだろうなぁ。インディーゲーム界隈では、5年くらい前からその流れではあるけれど。

【Wordpress】さくらのレンタルサーバーでSSL化する

さくらのレンタルサーバーでホストをしながら、WordpressをSSL化をするとき、少し手間取ったのでメモを残しておきます。

問題


さくらのレンタルサーバーでSSLを有効にしたが、https://でサイトにアクセスするとブラウザでエラーが表示されて、サイトが閲覧できなかった。
利用サービスは「さくらのSSL」で、Rapid SSLを使用。なお、さくらのSSL経由で認証局への手配やら、暗号鍵のサーバーインストールは正常に完了している。

原因


さくらのレンタルサーバーはSSL通信をする際、さくらのサーバーからリダイレクトをかけていた。

参照:さくらレンタルサーバーのサポートページ


「さくらのレンタルサーバ」にて提供しているウェブサーバApacheは、 80番ポートを使用する(HTTP)ものと、 443番ポートを使用する(HTTPS)ものとの 2種類に分けられます。 また、後者についてはプロクシとして動作します。 一般的に、前者は「http://」、後者は「https://」という形式でアクセスしますが、 同じディレクトリへのアクセスであっても、その際に呼び出されるウェブサーバ が異なると、 CGIプログラムやウェブサーバが.htaccessなどのファイルを読み込む際、挙動に違いが生じます。 例えば、HTTPとしてアクセスした場合はお手元のコンピュータが、 HTTPSとしてアクセスした場合は サーバそのものがアクセス元となります。 このため、SSLのみのアクセス許可(HTTPアクセスの制限)や、mod_rewriteによるURLの書き換えはできません。
引用元:https://help.sakura.ad.jp/app/answers/detail/a_id/2325

解決方法


さくらのレンタルサーバーでSSL通信をするときに、サーバーからのリダイレクトで処理することを認識させる設定を.htaccessに記述する必要があった。

参考:さくらのレンタルサーバでHTTPS(SNI SSL)な独自ドメインのWordpressサイトを構築する際の注意点

設定の引用


※環境ごとの設定は適宜変更してください。

まず、Wordpress設置時に追加する(パーマリンク設定時に生成される).htaccessの先頭に、以下の設定を追加します。

.htaccess


<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP:X-Sakura-Forwarded-For} ^$
RewriteRule ^(.*)$ https://www.example.com/$1 [R=301,L]
</IfModule>



次に、wp-config.phpの先頭に以下の内容を追加します。

wp-config.php


if( isset($_SERVER['HTTP_X_SAKURA_FORWARDED_FOR']) ) {
$_SERVER['HTTPS'] = 'on';
$_ENV['HTTPS'] = 'on';
$_SERVER['HTTP_HOST'] = 'www.example.com';
$_SERVER['SERVER_NAME'] = 'www.example.com';
$_ENV['HTTP_HOST'] = 'www.example.com';
$_ENV['SERVER_NAME'] = 'www.example.com';
}



引用元:http://qiita.com/tabimoba/items/64ef60412abe7ad6f0ac

その後


上記設定でhttps://のURLが問題なく閲覧できるようになりました。一方で、サーバー側の負荷が増えたようで、これまで1.0秒以下のレスポンスタイムだったが、1.1~1.2秒レスポンスにかかるようになってしまいました。リダイレクトはさくらのレンタルサーバーの設定上、どうしようもないので、アクセスが増えて来たらリダイレクトのないサービスに移行する必要が出てくると考えています。