2015年1月28日水曜日

海外ゲームメディアjoystickが閉鎖か

親会社のAOLが所有するゲームメディアjoystickを閉鎖するかもしれないという噂がでています。(ソース:Joystiq likely to be shut down - Report)

単にwebなので、winnner takes allが働いているという可能性もあり、一概に市場の縮小が原因とはまだ考えられませんが、これまでに GameSpot, Polygon, Machinima, Future, The Escapist, GameFront, Game Trailersとゲーム系の海外メディアの閉鎖もしくはリストラが続いており、海外のこの流れがどう国内に影響するか気になります。

 

1月~3月の駆け込み転職に注意!

12月末から、やたらとLinkedIn経由で転職エージェントからオファーが来ます。

社会人2~3年目くらいからLinkedIn経由のオファーは来るようになっていて、初めのころはだいぶ舞い上がりました。

転職エージェントの中には「ヘッドハンター」を名乗る者もいて、「俺もとうとうヘッドハンティングされちゃう!?有名になったものだ!」と勘違いさせてくるものもいます。エージェントからのオファーは基本的にはただの営業案件の斡旋なので、ヘッドハントでもなんでもありません。エージェントに登録しませんか?というただのお誘いです。(求人先の企業から直接オファーが来ない限りはヘッドハントではないと、個人的には考えています。)

そんなLinkedIn経由のオファーですが、1月~3月になぜかオファー数が増えます。しかも、外資系のエグゼクティブリサーチ系からのオファーが多い。会社名的には箔がありそうだが、肝心のエージェントのプロフィールを見ると、ほとんどの場合着任して日の浅い人がほとんど。だいたい半年~1年くらいのエージェントが、1月~3月にやたらとオファーを投げてくる。

どうして、この時期にオファーが増えるのか。予想では、決算前に実績を出す必要があるからだと思っています。要は、この時期にやたらとオファーしてくるエージェントは、期日までに目標達成が怪しいエージェントで、目標達成のためにむやみやたらとオファーメールを送りまくっている。送り先は、ヘッドハントという言葉を使えば舞い上がって勘違いしそうな若手社員。きらびやかな言葉を使って、ゴミ案件にぶち込めれば営業実績がたってエージェントは目標が達成できる。こんなからくりだと考えていますし、そんなに間違っていないと思います。

リクナビやen!ジャパンなどでも同様で、ある一定時期に質の悪そうな通年の求人案件が固まってオファーされます。エージェントも生活がかかっているので、目標未達で給料がさがるよりか、ぶち込んで実績作れた方がいいってことだと思います。

そしてこの案件に引っかかってしまう若手も多いのか、エージェントもなぜかこの時期は忙しそうにしています。オファーしてきたくせに、中々連絡がつかなかったり、案件を紹介してこなかったり。脈のありそうな方を優先しているのだと思います。(自分が脈がなさすぎるのかもしれないが!)

そんなこんなで、1月~3月は質の悪いオファーが増えるのでお気を付けください。あと、エージェントの会社によりますが各四半期の決算前の募集もお気を付けください。

2015年1月26日月曜日

DQヒーローズの価格調査 最安値はどこだ!?

ドラゴンクエストヒーローズ ロゴ

いよいよ発売が1ヶ月前に迫った「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」。

どの販売店でも発売直前の予約ラッシュを取り込もうと、価格を大きく下げてきています。

さらにキャンペーンも加わることで、単純な価格比較では最安値が追えなくなっているので、ここで表に整理してみます。

価格は全て税込表記です。









































































PS4PS3限定特典その他
Amazon【限定特典あり】8,424円7,344円スライムアックス なし
Amazon【限定特典なし】6,805円5,927円 なし なし
楽天ブックス6,980円6,050円 なしポイント最大10倍キャンペーン
※ポイント3倍なら100%獲得可能
nojima6,750円5,880円 なし 1%ポイント還元
ジョーシン6,980円6,080円 なし 3%ポイント還元
(yahoo!ショッピング)
メディアワールド7,590円6,620円 なし 3%ポイント還元
(ポンパレモール)
ヤマダ電機7,580円6,609円 なし10%ポイント還元
ツタヤ6,907円6,022円スライムアロー1%ポイント還元
e-STORE8,424円7,344円 スライムソード予約ポイント1.5%

ポイント付与を考慮した場合


ポイント還元を含めて考えると、楽天ブックスとジョーシン(yahoo!ショッピング)が安いです。

ややギャンブルになりますが、楽天ブックスのキャンペーンで最大10倍のポイントを獲得することができれば、実質6,282円(PS4)、5,445円(PS3)と間違いなく最安値で購入することができます。ただ、確率が1割なので、確実にポイントアップできる3倍でエントリーすることがお勧めです。

現金で購入する場合


ノジマ、Amazon、ツタヤが安くなっています。特に、ツタヤは限定特典が付属するにも関わらず安値をたたき出しているので、かなり頑張っています。ちなみにツタヤ特典の「スライムアロー」は「ビアンカ」の装備品になります。

現金最安値はいつも通りノジマです。

まとめ


一番安いところで買うもよし、ポイントを貯めたり使ったりできるところで買ってもよし。限定特典もあるので価格はあくまで参考に、売り方が一番いいなと思ったお店で買うのが一番です。

2015年1月19日月曜日

Surface Pro 3 でReady Boostは使えない

最近、surface pro 3を買ったものの、想定外のことだったのでメモ。

Surface Pro 3はWindows標準機能のはずのReady Boostが使えない。

なぜかというと、SSDが標準装備されていて、Ready Boostでキャッシュしても速度的に効果がないから。

どうやらReady BoostはHDDなどアクセスが遅い記録媒体のキャッシュとなることで高速化を図る技術なので、元から高速なSSDには効果がないと。

 

Ready Boostはメモリ増設機能だとずっと勘違いしていたよ。。。

2015年の業界予想

tpo_banner

2015年になってもう18日が過ぎました。

そろそろ今年のゆくえを占っておかないと、自分がどう動くのかも決められないので、エッセイ的に徒然なるままに2015年のゲーム業界を予想してみます。

メインプレイヤーのおさらい


ヒットするゲームとそうでないゲームの両極化は2015年も続いて、各プラットフォーム別の市場規模の7~8割はトップ10~20タイトルの売上で占められることになると思う。しかもそのトップ10~20タイトルは上位数社が1社平均2~3タイトル程度ランクインしているだろうと予想。そうすると、表舞台で引き続き目立ちそうなのは次のような会社。

  • Wargaming.net

  • Riot Games

  • Supercell

  • ガンホー

  • King.com

  • mixi

  • コロプラ

  • Alim

  • スクウェア・エニックス

  • セガ


次に、プラットフォーム+開発能力を持つ会社がそれぞれのユーザーをどう収益化するか。

  • DeNA

  • 任天堂

  • ソニー


そして、いまいち見えてこないダウンロード市場で海外勢がどう動いているか。

  • EA

  • Ubisoft

  • Activision Blizzard

  • Steam


最後に、トップにもボトムにもならない堅い存在として・・・

  • バンダイナムコゲームズ


市場の8割くらいは上記の企業の動きでだいたい決まってくると考える。

しかし、大きな変化があるとき、だいたいこれまでのメインプレイヤー以外が変化をもたらしてきたので、上記以外の要素、かつ、上記の会社が関わっていない事象でゲーム業界に変化を起こしそうな事柄を予想してみる。そのために、まず上記の会社が手を付けている分野を思い出してみる。

来そうできっと来ない分野


各社取り組んでいるので、ジンクス的に2015年はこない分野だろうという予測です。あくまで予想ですので、来てしまうかもしれません。

  • クラウド
    スクウェア・エニックス
    マイクロソフト

  • AR
    バンダイナムコゲームズ

  • IoTソニー

  • レトロ回帰
    任天堂

  • 海外進出
    Alim


だいたいこの辺りはニュースでもよく見る言葉で新規性がない。整理すると、「ネット活用」、「既存資産活用」、「没入感」、「地理的拡大」がキーワードになるものは2015年は来ないと予想。

来るもの予想


考えるのも難しいが、「こないもの予想」の反対の概念を探すことで「来るもの」を予想してみる。

  • ネット活用 vs リアル活用
    ⇒リアル活用はコロプラ、mixiが近い概念?

  • 既存資産活用 vs 新規資産活用
    ⇒新規IPということだが、新しいものが来るとしたら新規IPということか?

  • 没入感 vs 客観
    ⇒客観という言葉を反対の概念として当ててみた。あながち間違いではなさそう。

  • 地理的拡大 vs 地理的要因を無視
    ⇒正直、海外進出とかしなくても日本のゲームは台湾や中国のプレイヤーに遊ばれているので、地理で考えない方が良い時代な気がする。


考察


「来るもの予想」の要素もあながち間違いではないかもしれない。GoogleのIngressはそれぞれの要素のちょうど両方の位置づけにありそうなゲームだし、まだまだ「途中」の象徴であるようなゲームだから、反対概念の方にもっと寄ってくるのが新規性として期待されるものかもしれない。

そんなものが出現するとしたら、デジタルの中では納まりきらないゲームになっていそうな気がする。

【wordpress】.htaccessでリファラースパムをブロックする

ここ1ヶ月で、以下のドメインからのアクセスがありました。

  • forum. topic 47894964. darodar.com

  • google officialy recommends ilovevitaly.com seach shell


どちらも調べてみると、Google Analyticsのアクセス履歴に残すことによってビューを増やそうとする「リファラースパム」ということがわかりました。

アクセス数は大したことがないものの、放置するとサーバーに負荷がかかってよくないので、以前のsemalt.comの時のようなやり方で対処をしてみました。結果、アクセスをブロックすることができました!

 

.htaccessに以下を追記


SetEnvIfNoCase Referer ilovevitaly.com spammer=yes
SetEnvIfNoCase Referer darodar.com spammer=yes
SetEnvIfNoCase Referer agulkexmag.com spammer=yes


Order allow,deny
Allow from all
Deny from env=spammer


スパムな挙動をするドメインをspammerに指定して、アクセス拒否のdeny from~でブロック。

これで邪魔なリファラがなくなりました。よくある対処法では、Google Analyticsにフィルタをかけるのですが、それだとサイトにアクセスが来ることは防げていないので、無用なサーバー負荷につながります。レンタルサーバーを使うのであれば、なるべくこのようなブロックする対応で防ぎたいものです。

2015年1月13日火曜日

【wordpress】さくらのphpMyAdminにログインできない

phpMyAdminのログイン画面で、正しいIDとパスワードを入力しても「エラーが出たためセッションを開始できませんでした。PHP やウェブサーバのログファイルに出ているエラーを確認して、PHP を正しく設定してください。」と表示される場合の対処法。

対処法


ログイン画面でF5おして更新するだけ。ログイン失敗した後、「戻る」で戻って延々とログインをし続けると解決しない。

ログイン画面に戻ったら、F5押してログイン画面をリロードする。

そうすると、正常にphpMyAdminにログインできる。

 

参考にさせていただいたサイト